TEL03-3528-9909
予約
インスタグラム
MENU

コラム

Column

コラム|飯田橋駅徒歩1分の歯医者・根管治療・予防歯科 - Refino Dental Clinic

インプラントは歯を抜いたあとの選択肢

Pocket

皆さんはインプラントに対してどのようなイメージをお持ちですか?

「インプラントをやりたいけどなんか怖そう」と思っている方も多いのではないでしょうか。

実際のところ、事前に想像していたよりもインプラントの手術は痛みや腫れが少なかったとおっしゃる患者様も多くいらっしゃいます

ただ、外科手術で口の骨の中にボルトのようなインプラント体を埋め込むということをイメージするとちょっと怖いですよね。

治療後にどれくらいの痛みや腫れが出るのかも気になるところです。

今回は、怖いというイメージのあるインプラント手術の以下のポイントを解説しています。

怖いと思ってしまう理由

手術の流れ

実際に痛みや腫れはあるのか

それぞれについて詳しく解説していきますので、是非ご覧下さい。

インプラントが怖いと思ってしまう3つの理由

インプラントを怖いと思ってしまう理由を紹介します。

主な理由としては以下の3が考えられます

手術が痛そう

治療後に痛みがありそう

歯医者自体が怖い

それぞれについて解説していきます。

【理由1】手術が痛そう

インプラント手術が痛そう怖いというイメージを持っている方は多くいらっしゃいます。

インプラント手術では骨に穴を開けて、インプラント体を埋め込みます。歯茎を切り、ドリルを使って骨に穴を開けると聞くと、ちょっと怖いですよね。

ただし術前にしっかり局所麻酔を効かせるので、術中に痛みを感じることはほとんどありません。

【理由2】治療後に痛みがありそう

治療後は腫れや痛みが出てしまうのではないかと不安に感じる方も多くいらっしゃいます。

ただでさえ歯科治療は痛そうなイメージをお持ちの方は多くいらっしゃいます

手術となると更に痛みなどの不安を抱えられるかと思います。

親知らずの抜歯をした後に腫れや痛みが出ることはよくありますが、意外にも治療後に痛みや腫れが起きることは少ない場合が多いです。

【理由3】歯医者自体が怖い

歯医者自体が怖くて、インプラントしたいけど歯科医院に来られない方もいます。

幼少期の虫歯治療などの際に、すごく嫌な思いをして、歯医者へのトラウマがある方も多いです。

大人になってからも神経治療がすごく痛かった、虫歯の治療で麻酔が全然効かなかった、親知らずを抜くのにものすごい時間がかかってしまったなどネガティヴなイメージをお持ちの方も数多くいます。

不安のある方は、治療をせずにカウンセリングだけを受けることも可能なので、検討してみてください。

インプラント手術がどういうものなのかを知る1】インプラント手術の流れ

まず問診、カウンセリングを行います。

問診では全身疾患の有無や喫煙などの習慣、飲んでいるお薬などを確認します。

歯科医院でどのように手術を進めていくのか、どういった術式なのか医師から丁寧に説明を受けます。

これら以外にも治療のメリットやデメリット、治療期間、注意事項などの説明があります。

このタイミングで不安点を何でも相談しましょう。不安であれば、何度でもカウンセリングを受けることができます。

もしそれでも不安が解消されないようであればセカンドオピニオンで他の歯科医院で相談することも可能です。

【手術の流れ2術前検査

問診、カウンセリングを受けたら、X線・CTで事前に検査を行い、手術を受けても問題ないか確認します。

当院では手術を行うまでの間に歯周治療を開始し、衛生状態をまずは改善していきます。

大きな虫歯がある場合も手術より先に行います。

【手術の流れ3】手術

日程を調整し、手術を行います。

手術日の前日などに術前連絡をさせていただいた際に体調が悪かったり、発熱などがある場合は、延期も検討します。

体調が万全でない場合は、手術を行いませんのでご安心ください。

【手術の流れ4】被せ物の作成・装着

手術後1ヵ月半~3ヵ月(骨の状況などに応じて4ヶ月以上待つ場合もあります)ほどして、インプラント体が骨とうまく結合したら、被せ物を作成します。

被せ物が完成するまでの期間は、技工所にもよりますがおおよそ2週間ほどです。その後、歯科医院でインプラント体に装着します。噛み合わせに問題がなければ、装着して日常生活を送っていきます。

【手術の流れ5】メンテナンス

インプラントを装着したら、担当衛生士に指定されたペースでメンテナンスに通います。

普段の生活の中で、食べ物を噛んだり、歯ぎしりをしたりすると、少しずつインプラントに負荷がかかります。インプラントに異常が起きる可能性もあるので、必ずメンテナンスに行くようにしましょう。

インプラントの不安を解決

手術が痛そう

治療後に痛みがありそう

歯医者自体が怖い

これらの不安を解消するために、実際のインプラント手術の影響や不安解消法を紹介します。紹介するのは以下の3つ。

手術中の痛みはほとんどない

手術後の痛みは23

歯科医院が怖いならカウンセリングだけでも大丈夫

それぞれ解説します。

【怖いイメージ解消1】手術中の痛みはほとんどない

インプラント手術の際は、ほとんど痛みがありません。

理由は以下の3つ。

麻酔があるから手術時に痛みはない

鋭利な器具で穴を開けるので、負担が少なく痛みが少ない

歯茎をあまり切らない治療方法もある

詳しく見ていきましょう。

麻酔があるから手術時に痛みはない

手術時は局所麻酔が効いているので、痛みはほぼありません。

麻酔を注射するときの針や液体で多少痛みが出ることがあります。ただし、麻酔が効いてくると痛みは感じなくなります。

また、静脈内鎮静法で治療を行うこともあります。こちらはリラックス効果や健忘効果が高い静脈に直接注射する方法です。

ほろ酔いやうたた寝のような気持ちになり、気づいたら手術が終わっているような麻酔なので、不安の強い方は検討しても良いでしょう。

ただし、専門の知識や技術が必要なため、当院では麻酔専門の先生とスケジュールを合わせて行なっています

鋭利な器具で穴を開けるので、術後の負担が少なく痛みが少ない

手術器具は鋭利なため、骨に開ける穴は小さくて済み、術後の痛みも少ないです。もちろん、骨に穴を開ける手術中は麻酔も効いていて痛みはほとんどありません。

歯に負担をかける親知らずの抜歯より、痛みが少ないことも多いです。

歯茎をあまり切らない治療方法もある

歯茎をあまり切開・剥離せずに、小さな穴を開けてインプラント手術を行う「フラップレス」という方法もあります。

口腔内の状況によっては適用できないこともあるので、気になる方は歯科医院で相談してみましょう。

【怖いイメージ解消2】手術後の痛みは23

手術後23日は麻酔が切れると、切った歯茎にチクチクする痛みが出ることがあります。この痛みは通常、数日で引くものです。

多少腫れてしまうこともありますが、大規模な骨移植を伴わない場合は、親知らずの抜歯より腫れないことが多いですね。腫れてしまった場合は、抗生物質や鎮痛剤を飲んで安静にしましょう。

もちろん個人差はありますので、強い痛みがある場合は歯科医院で相談するようにしてください。

【怖いイメージ解消3】歯科医院が怖いならカウンセリングだけでも大丈夫

歯科医院が怖いのであれば、治療をせずカウンセリングのみで歯科医院へ行ってみましょう。歯科医院にトラウマがある方は、「また痛いことをされる」というイメージがある方が多いですよね。

何回かカウンセリングを受け、まずは歯医者自体に慣れましょう。

まずはクリーニングなどの簡単な治療から慣れていくのも良いでしょう。

慣れてきてから手術に関する検査を進めていくと良いですね。

インプラント手術が怖いと感じているあなたに向けて、以下のポイントを解説しました。

怖いと思ってしまう理由

手術の流れ

実際に痛みや腫れはあるのか

痛みや腫れなどは多少ありますが、不安に思うほどではありません。丁寧にカウンセリングも行うので、不安を解消してから手術を行います。

当院ではインプラントに対して不安がある方へもしっかりと治療説明をさせていただいており、ご理解ご納得ご安心いただいてから手術を行うことを徹底しています。

カウンセリングについてもしっかりと時間を確保していますので、気になることがあれば遠慮せずどんどん質問していただければと思います。

また、セカンドオピニオンについても受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください🤗🤗

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ