TEL03-3528-9909
予約
インスタグラム
MENU

コラム

Column

コラム|飯田橋駅徒歩1分の歯医者・インプラント・根管治療・矯正歯科 - Refino Dental Clinic

本当は怖い!?セラミック矯正

Pocket

皆さん「セラミック矯正」という言葉はご存知ですか?

歯並びが気になっている方はインターネットなどで検索したときに目にしたことがあるかも知れません。

普通の矯正治療とどう違うの?と疑問に感じた事がある方もいるかと思います。

今回はその「セラミック矯正」がどういったものなのか、また実はちゃんと理解した上で治療を受けないと大変なことになってしまうことが多くあるので以下の項目について詳しく解説していきます。

・セラミック矯正とは

・セラミック矯正のメリット

・セラミック矯正のデメリット

 

・セラミック矯正とは

ワイヤー矯正やマウスピース矯正とは異なり、セラミックの被せ物を使って歯並びを整える方法です。

通常の矯正治療ではワイヤーやマウスピースを使用して歯に少しづつ力を加え、時間をかけて正しい方向に移動させますが、セラミック矯正では歯を削り、綺麗に並んだセラミックの被せ物を入れることでまるで矯正をしたかのような歯並びに変えていきます。

美容外科の歯科部門や審美歯科で頻繁に行われていたり、最近では認知度が高まり歯並びを短期間で変えられることもあって一般の歯科医院でも行われていたりします。

またセラミック矯正専門という歯科医院も存在します。

しかし実はこのセラミック矯正には落とし穴が存在することはご存知ですか?

 

・セラミック矯正のメリット

治療期間が短い

通常の矯正治療のように期間をかけて歯を並べるわけではなく、被せ物で並びを整える審美治療なので治療期間は圧倒的に短くすることができます。

見た目を気にしなくても済む

ワイヤーやマウスピースなどの矯正装置を一切使用せず、治療開始即日で並びが綺麗になった仮歯や、早いところであれば即日でセラミックの被せ物を入れられるところもあるので見た目は全く気になりません。

ワイヤー矯正などの、歯の移動にかかる力で起こる痛みがない

矯正装置は一切使用しないため、歯の移動にかかる力によって生じる痛みを感じることはありません。

ただし歯を削りますので、削った刺激などによって一時的な痛みは生じる事があります。

通常の矯正よりも費用を抑えることができる

矯正はもちろんセラミック矯正も保険適用ではないため、治療費はある程度かかってしまいますが、相場的に矯正治療よりもセラミック矯正の方が安価な価格設定であることが多いので治療費は低く抑えることができます。

以上がセラミック矯正の一般的なメリットとなりますが、これを見ただけだと矯正よりも安いし、早く終わるし、すぐに見た目が綺麗になるならいい事だらけだと思われる方もいるかと思います。

実際にセラミック矯正のカウンセリングをされたことがある方はこのような説明を受けたかと思います。

しかし、デメリットについては詳しく説明されたでしょうか。

これからセラミック矯正のデメリットについて詳しく解説していきます。

 

・セラミック矯正のデメリット

健康な歯が犠牲になる

セラミック矯正は歯を削ることによってセラミックの被せ物で歯並びを整えます。

歯には治療のサイクルというものがあって、

 小さな虫歯治療プラスチック充填

 少し範囲が広がった虫歯治療部分的な詰め物もしくは被せ物

 神経にまで達した虫歯治療神経治療後に被せ物

 根尖病巣の治療神経再治療後に被せ物

 抜歯

このようなサイクルが存在します。

全く虫歯のない歯にセラミック矯正を行なったとすると、このサイクルの2まで進んでしまいます。

前歯の生える角度が悪かったりすると神経を抜いた上で角度補正をしなければならないため、一気に3まで進んでしまいます。

限られている治療サイクルの折り返し地点まで進むことによって、本来持たせられるはずだった年数よりも早い段階で抜歯せざるを得ない時が来てしまいます。

神経治療が適切に行われていなかった場合、早期に再治療を行わなければならなくなることもしばしばあります。

神経治療の再治療も何度も行えるものではなく、尚且つ再治療になるほど治療の難易度が格段に高くなってしまいます。

神経治療を繰り返すほど、残っている根っこは薄くなり、噛み合わせの力に耐えきれなくなって割れてしまい抜歯に至ります。

またそもそもの噛み合わせを無視した治療方法になるので治療後に長い期間かけて、奥歯から噛み合わせが崩壊していくということも大いに考えられます。

治療期間の短さや低価格ということだけで、本来何十年と使う歯を痛めつけてしまうのはどうなのでしょうか。

虫歯や歯周病のリスクが上昇する

そもそもセラミック矯正専門の歯科医院や審美歯科で歯周病のメインテナンスを行なっているのでしょうか。

即日治療と謳っているところでは、治療開始前に歯周治療を行うところはまずないでしょう。

歯並びが良くないということはもともと虫歯や歯周病のリスクがあります。

セラミック自体には汚れはかなり付きにくいのですが、セラミック矯正が終わった後も歯の頭の位置は整うかも知れませんが、もともとの根の位置は変わりません。

被せ物で無理矢理歯の頭の位置を変えているだけなので、しっかりしたケアをしなければ虫歯や歯周病は進行してしまいます。

治療内容によってはうまく並びそうにない歯は抜歯してセラミックのブリッジになったり、そもそもの被せ物が全部連結されてしまっている場合もあります。

連結された被せ物は通常のフロスを通すことはできず、特殊なフロスや歯間ブラシでのケアが必須です。

連結されていると、装着時に使用した接着剤が連結部に残ってしまっていることも多々見受けられます。

接着剤が歯茎の中に残っているとそこから歯周病が進行してしまいます。

慢性的に歯周病の状態が続くと、歯茎や歯を支える骨が痩せてしまい、セラミックと根っこの接着面が露出してしまい見た目も悪くなってしまいます。

保証期間が過ぎると作り直しは新たに費用がかかる

多くのセラミック治療には保証期間が設けられているかと思いますが、例えば保証期間が10年だったとすると10年後までに慢性的に歯周病が進行し歯茎が痩せてセラミックの見栄えが悪くなってしまった場合、新たにやり直しの治療費がかかってしまいます。

そしてまた歯を削る必要性や神経を抜かなければならない可能性が出てくるため、また歯を痛めつけなければならなくなってしまうのです。

10年ごとのやりかえで治療費もかかり、歯の寿命も縮み、もはやこの時点でのメリットといったらやりかえが短期間で終わるということ以外ないでしょう。

治療費も新たにかかるため、通常の矯正治療よりも高くついてしまうことは明白です。

歯を失うリスクを高めてまでセラミック治療に拘る理由は無いのではないでしょうか。

以上がセラミック矯正のメリット・デメリットになります。

項目としてはメリットの方が多いですが内容は薄く、デメリットに関してはかなり深刻な状態になってしまうことが予見されます。

最近ではセラミック矯正を行なって後悔しているという内容のYouTubeの動画がいくつか見ることができます。

その内容はかなり深刻なもので、視聴した時は衝撃でした。

若くして入れ歯をしなければいけないような状態になってしまっています。

ちょっとでもセラミック矯正に興味があった方は一度YouTubeで検索してみて下さい。

Refino Dental Clinicでもセラミックを使用した各種治療は行なっていますが、当院のコンセプトとして本質的な医療を患者様に提供したいためセラミック矯正は行なっておらず、診療メニューとして設けておりません。

当院としましては歯並びの治療に関してはワイヤー矯正やマウスピース矯正を強くお勧め致します。

セラミック矯正後のトラブル相談などは受け付けておりますので、もしお困りの方はお気軽にご相談下さい

Refino Dental ClinicもLINE公式アカウントで相談、ネット予約なども承っておりますので、電話が苦手な方は是非こちらをご利用ください

https://airrsv.net/refinodentalclinic/calendar

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ