TEL03-3528-9909
予約
インスタグラム
ライン
MENU

ラバーダム防湿

Rubber dam moisture proof

ラバーダム防湿の虫歯治療|飯田橋駅徒歩1分のインプラント・矯正歯科「Refino Dental Clinic」

ラバーダム防湿

ラバーダムとは?

ラバーダムとは正式にはラバーダム防湿と言い、ゴム製のシートを用いて治療する歯やその周囲の歯だけをシートの上に露出させる手技・テクニックのことを言います。
実際にどのようなものか分かりやすいように一例の写真を紹介します。

虫歯治療にラバーダムを使用

虫歯治療にラバーダムを使用した時の写真

こちらは虫歯治療にラバーダムを使用した時の写真です。

治療が必要な歯とその周囲の歯を必要な本数だけ露出させています。

歯と歯の間の虫歯治療を行う際は複数の歯をシート上に露出させる必要があります。

セラミッククラウンの接着時

セラミッククラウンの接着時にラバーダムを使用した時の写真

こちらはセラミッククラウンの接着時の写真です。

真ん中の歯と左の歯にセラミックを装着しています。

こちらは下の奥歯なのですが、ラバーダムをしていなかった場合、舌がすぐ近くにあったり唾液が流れてきてしまいますが、ラバーダムで完全に排除しています。

根管治療時のラバーダム

根管治療時のラバーダムを使用した時の写真

そしてこちらが根管治療時のラバーダムです。

先程までの写真と違い、こちらも下の奥歯で1本の歯のみ露出させています。

隙間なくシートで覆うことによって根管治療で使用する薬液が漏れてしまった場合でも口腔内の粘膜に触れることがないので安全な治療が行えます。

どういう時に使うのか

一般的には根管治療の時に使用されることが多いですが、実はそれ以外の治療でも使用することが可能です。

インレーやクラウンなどの詰め物や被せ物の接着操作時、コンポジットレジンというプラスチックの詰め物の処置時、金属の詰め物や被せ物の撤去時など、外科処置以外の歯科治療では多くの処置時に使用することが可能です。

詳しくはコラム「歯の治療の成功率を左右させるラバーダム防湿」のページをご覧ください。